犬服に関する情報が満載!

犬服のサイズは気をつける必要があります

夏の暑い時期に体温調節をするために犬服を着させる飼い主は多くいます。
犬服はいま様々な種類が販売されており、夏服や冬服、レインコートなど使用用途に合わせてそれぞれの種類を購入することができます。
その際に気をつけることは犬服のサイズを間違わないように選ぶということです。
小型犬や大型犬までそれぞれのサイズが販売されており、大切なことは愛犬が普段動く中で邪魔にならない程度の大きさの服を選ぶことです。
小さいサイズを購入した場合は動きが制限されるため服を着させると犬は自由に動くことが困難になる場合があります。
逆に大きすぎる場合でも散歩や運動がしにくく、不快な思いをさせてしまう可能性もあります。
服を購入する際は首周り、着丈、体高を測ってから最もあう大きさを選ぶことが重要です。
また実際に試着できる場合はお店で試着をしてから購入するのが確実な方法です。
料金は人の服と同じくらいの値段がする服もあるため慎重に選ぶことが大切です。

犬服のサイズのポイント

人間と違って、犬服のサイズのはかり方は、身長ではなく、首周りと胴回りです。
多くの犬服は袖なしタイプなので、手足の長さはあまり関係がありません。
また、しっぽがありますから、背中部分は羽織る形のものがほとんどで、おなか部分は排泄がしやすいことが大切なポイントとなります。
つなぎの服や、おなか部分まで覆うような犬服は、厳密な採寸が必要なので、なかなか市販の服では飼い犬にぴったりなものに出会える可能性は低いといえるでしょう。
人間ほどは難しくないこともあり、犬用の服を手作りする人も多くいます。
なお、フードや帽子は、犬種によって着ることができない場合もあります。
頭が小さく耳が垂れている場合には、帽子を固定することができないので、うまくかぶせることは難しいでしょう。
体形に合わせて、きちんとサイズの合った服を選ぶ、作ることは、人間が服を着るときと同様に、とても大切なことです。
本来、犬に服は必要ありませんが、着せる場合には、心地よさも配慮してあげましょう。

注目サイト

ホームページ制作 福岡
http://www.dotimg.co.jp/

最終更新日:2017/3/2

▲トップへ
Copyright (C) ワンちゃんにもお洒落を. All Rights Reserved.